採用アセスメント内製化支援事業

採用アセスメント内製化支援事業

採用アセスメント」を内製化すると

こんなに「いいこと」があるんです!

採用リスクから会社を 守りたい!! ストレスフリーで妥協なく採用アセスメントを繰り返す事ができるので、徹底した採用リスクマネジメントを実践できます。
だから最先端の 採用手法を 使いたい!! 当社秘伝の「人を観る技術」が確実に社内アセッサーに落とし込まれるので、グローバルスタンダードの「能力診断技法」の精度をそのまま享受できます。
でもランニング コストは かけたくない!! 社内アセッサーが養成訓練を卒業すると、1次選考のランニングコストが不要となり、費用の心配なく選考母集団を拡大できます。
採用管理の社内ナレッジも 強化したい!! 「人を観る技術」という、独自性の高い社内ナレッジを蓄積できることは、経営人事面での大きなアドバンテージになります。
できれば採用担当者の 眼力を 高めたい!! アセッサー養成訓練に参加する人全て(社内アセッサー、人事関係者、経営幹部)の「人を観る目」が強化され、卒業後も維持されます。

2013年、概念化能力開発研究所は、「採用アセスメント」の内製化支援に舵を切りました。

私たちは、長年積み上げてきた「採用アセスメント」の理論や実践ノウハウをお客様に提供し、このアセスメント手法を自力で運用していただけるように「社内アセッサー」を養成して、「内製化」を支援する取り組みを推進しております。

アセスメントセンター」の完全内製化は、おそらく他に類を見ない取り組みです。

当社の「採用アセスメント」は「アセスメントセンター」という技法を使います。これは、熟練の「プロアセッサー」がいてこそ成り立つものなのですが、私たちが独自で開発した「視点の絞り込み方」が、内製化を可能にしました。

「何で内製化なの?」「なぜノウハウを売るの?」に、正直にお答えします。

当社は2010年に、採用アセスメントのシステムを現行のものに切り替え、それに伴って新たに新卒も対象とするようになりました。すると、間もなく当社へのご依頼の8割方がその「新卒採用アセスメント」に集まるようになり、
続きを読む

「内製化」の実施プロセスと料金


Ⅰ 実施会社様の社員から社内アセッサーを選抜し、アセッサーチームを結成する

アセッサーには、「適性」が必要です。無理なく、無駄なく、内製化を進められるよう、事前に「社内アセスメント」や「アセッサー選抜アセスメント」で、アセッサーに求められる能力を慎重にアセスメントして選考することは、内製化をスタートするにあたっての必要不可欠なプロセスです。

アセッサー選抜アセスメント料金 1人につき30,000円(税別)

 

Ⅱ 採用アセスメントのノウハウが実施企業様に提供される

採用アセスメントの理論から実践までの全てのノウハウが、惜しげもなく実施企業様に提供されます。長年にわたる臨床を経て当社が体系化した「視点の絞り方」が、社内アセッサーの短期育成を可能にします。

 

①実施企業様専用のオリジナル演習課題が提供される

採用アセスメントで使用する「演習プログラム」につきましては、当社が「オリジナル」を作成し、データで提供します。この知的所有権は、使用企業(実施企業)に属します。

 

②基本講座が実施される

社内アセッサーチームが結成されたら、あまり時間を置かずに基本講座を実施します。社内アセッサーチームの他に、オブザーバーとして経営陣や人事関係者などが参加します。

・採用アセスメントを社内アセッサーだけで運営できるよう、実地訓練を挟んで運営の段取りを指導する。次回の実践訓練からは、運営はプロアセッサーの手を離れ、社内アセッサーに委ねられる。

・付与されたテキストに沿って、採用アセスメントの「理論と実践」を習得するとともに、テキストに並ぶ「視点を絞るための公式」に触れる。公式は、同日内に覚えることを目的とせず、次回以降に遅滞なく運用できるように理論や言語の理解に留める。

・実際のアセスメント(グループ討議1回)を設定し、体験アセスメントに取り組む。

 

Ⅲ 実践訓練を繰り返し、「卒業」を目指す

実施会社が実際に採用選考を実施する時期に合わせて、実践訓練を行います。社内アセッサーチームは、その採用アセスメント(1次選考のグループ討議)を独自で運営し、学んだ知識をフルに活用して、応募者をアセスメントします。その間、私たちプロアセッサーは、一番後ろの席に座って社内アセッサーの動きを見守りながら、一方で応募者のアセスメントにも取り組みます。
終了後、社内アセッサーは、各自のアセスメント結果を開示しながら、メンバー全体としての診断結果への統合を図ります。その際、プロアセッサーは、メンバー各自の習得度や思考の傾向性を観察し、個別に評価・指導を行います。最後に社内アセッサーによる最終診断結果の「答え合わせ」を行います。ちなみに、「アセスメント+指導」の1クールの所要時間は3時間です。

 

社内アセッサーが「精度」を獲得するには、とにかく臨床経験を積む事が必要です。その為に最低限必要な実施時間を、当社は10クールと定めています。

 

採用アセスメントの内製化にかかる総費用

4,000,000円 + アセッサー選抜アセスメント料金(税別)