思考停止

今年は、三月から五月に予定されていた仕事がすべて六月以降に延期となりました。「不要不急」とはみなされなかったからなのか、中止になった仕事はありませんでした。本当に有難いことです。七ヶ月分の仕事が四ヶ月に詰め込まれたのでそれなりに忙しい日々でしたが、十月に入り通常運転の日常が戻ってきました。

 

六月にアセスメントの仕事が再開され、当たり前のように国内各地に出向くことになりました。そして当たり前のように新幹線やあずさに乗っていましたが、いつもほぼ貸し切り状態でした。その頃は新型コロナに関する情報も薄かったので、緊急事態宣言や移動制限が解除されたとは言っても、まだ世の中は自粛ムード一色でした。私は誰もいない車内をぼんやりと見渡しながら、「ビジネス客はすぐに戻るだろう」などと考えていました。

 

そして九月になったばかりのある日、私は関西への出張で約一か月半ぶりに新幹線に乗りました。平日朝の「のぞみ」は通常なら出張客で埋まります。しかしホームや車内が閑散としている様子は、前回(七月)のそれとあまり変わっていませんでした。さすがに「貸し切り状態」ではなくなっていましたが、私が座る最後方の座席からは人の頭がちらほらと見える程度で、どこからも声のかからない社内販売のお姉さんが何度も所在なげに私の横を通り過ぎました。一週間後に再度東京と京都を往復しましたが、状況は同じでした。

 

企業の出張自粛はまだ続いていたようです。あの疫病の正体が少しずつ見えてきた中で、国は経済を回すためにリスクを取り、お店は生きていくためにリスクを取り、国民は日常を取り戻すためにリスクを取り始めているのに、一ミリのリスクをも取らずにずっと続けてきた大事なことを止めてしまう企業は、どこを向いて何を守ろうとしているのでしょう。それとも、これまで「本当は必要ないこと」をやっていたということなのでしょうか。

 

出張や営業で客先に出向くのを止めてリモートに切り替えても、そのことですぐに業績が落ちたり問題が顕在化したりするわけではありません。そこで目に見えない大事なものがたくさん失われていることに気づこうともしない経営者や管理職ほど、「なんだ、アフターコロナもずっとリモートでいいじゃん」と安易に考えるでしょう。私はこれが一番怖いことだと思います。今回の惨禍が「できれば人に向き合いたくない人たち」の都合の良いように利用されることは、決して許されません。そうでなくても人に向き合う文化が薄いわが国にそのような変な流れができてしまったら、国難はさらに深まります。

 

今週、一か月ぶりに関西へ出張します。とりあえずは新幹線の乗客が増えていることを願っています。

東京の世田谷に生まれ(昭和35年)鎌倉に育ちながら、高校卒業後に関西へ流れ、大学卒業時には立派な関西弁を話せるまでに成長する。大学で体育会ラグビー部に足を踏み入れるも、タックルが出来なくて干され、徹夜のバイトが監督にばれて干され、と、「なんちゃってラガー」への道をまっしぐら。4年生でやっと公式戦への出場がかない、初出場の日の前夜は、ジャージーを抱いて泣きながら寝た。卒業後に入った商社で、早速、語学難民となり、「このまま日本に置いておいてもこいつは英語を覚えない」と当時の事業部長に判断されて、入社後1年も経たないうちに香港の現地法人に飛ばされる。現地の英国人達とプレーする中でようやく面白くなり始めたラグビーの合間に仕事も少しだけ頑張る、という充実の日々を送り、バブルもはじけた平成2年の春に5年間の任期を終えて帰国。その後、いわゆる大企業の海外部門を転々とするが、会社と仕事が肌に合わず、日に日に心が萎んだ。ついに重度の抑うつ状態にまで陥ってしまったが、そこに至ってようやく「自分の強みは本当に『国際』『語学』なのか?」「本当に自分の良さを活かせる仕事は何なのか?」というテーマに、正面から向き合うことになる。「世間からの評価」への執着を断ち切り、自分の価値観に正直になって新たなフィールドを選んでからは、心の元気を取り戻し今に至る。37歳の時に入社した人事系のコンサルティング会社でアセスメントセンターに出会って惚れ込み、これを生涯の仕事とすることを決意。39歳の時に今の会社を設立した。歳をとっても痛くて苦しいことが大好きな「変なおじさんたち」が集う中年ラグビーチーム(不惑倶楽部)に所属していたが、50を前にして捻挫をこじらせ距骨壊死というややこしい状態に陥って離脱。10年間手術を公言し続けるも諸事情で実現せず「切る切る詐欺」と揶揄されてきたが、還暦を直前に控えた2019年の暮れに突如人口距骨への部品交換を決行した。「これでラグビーもゴルフもばっちりだぜ!」と、元々の技量と加齢という現実を忘れて妄想中。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*