顔が見えない

顔が見えない

 

各社で延期になっていた採用アセスメントが、六月に入るとすぐに再開されました。大好きなアセッサー養成の仕事を再開できる喜びが高まる一方、私は少しばかりの不安を抱えていました。今年の夏は、「マスクをした応募者をアセスメントする」という前代未聞のテーマと向き合うことになったからです。アセッサーの仕事を始めてから二十数年になりますが、マスクをした人をアセスメントするのは初めてです。アセスメントでは、「人が何を言ったか」ではなく「人がどう動いたか」が観察の対象となります。表情の変化や顔の筋肉の動きなどは特に重要な情報なのに、それが失われてしまうとアセスメントはどうなってしまうのか。

 

 

不安は的中しました。「マスクで顔の半分が隠されると、情報も半分になるよね」と安易に考えていましたが、失われた情報は、半分どころではありませんでした。心に問題を抱える人がアセスメントの場に臨むと、自分が抱える弱さを隠そうとして防衛的になり、それが顔に出ます。そのような人の顔つきや表情の変化は、見る人に違和感や不快感を与えることが多いので、アセッサーは自分の感情にも正直になることが求められます。ところがマスクありのアセスメントが始まると、応募者の顔から負の感情を抱く場面が極端に減ってしまい、その結果、他の視点を強化する必要に迫られました。「心の弱さ」などのリスク要因は顔の下半分に反映されやすいのだということを、実感として再認識しました。

 

欧米人は日本人よりもマスクを嫌がるようですが、「マスクで人の顔が見えないと怖いから」と考える人が多いそうです。新型コロナ禍では「マスクをあまり嫌がらない」という日本の文化が大いに奏功しましたが、その背景に「人に向き合わない文化」もあったのだとしたらちょっと悲しいですね。

 

「人に向き合わない」と言えば、一度も応募者と会うことなくリモートのみで内定を出した新卒採用企業が少なくないそうです。会社を守るためにお金と時間を使って必死に採用アセスメントを繰り返している会社の経営者にしてみると、「なぜそんなことができるのか」がどうしても理解できないようで、複数の社長さんからこんなことを言われました。

 

「その結果がいったいどうなるのか、ぜひ検証記事を書いてくださいよ」

 

私は即答しました。

 

「そのような会社は、これまでも応募者とそれほど真剣には向き合わず、応募者の観るべきところをしっかり観てこなかったはずだから、結果は何も変わらないと思います」

東京の世田谷に生まれ(昭和35年)鎌倉に育ちながら、高校卒業後に関西へ流れ、大学卒業時には立派な関西弁を話せるまでに成長する。大学で体育会ラグビー部に足を踏み入れるも、タックルが出来なくて干され、徹夜のバイトが監督にばれて干され、と、「なんちゃってラガー」への道をまっしぐら。4年生でやっと公式戦への出場がかない、初出場の日の前夜は、ジャージーを抱いて泣きながら寝た。卒業後に入った商社で、早速、語学難民となり、「このまま日本に置いておいてもこいつは英語を覚えない」と当時の事業部長に判断されて、入社後1年も経たないうちに香港の現地法人に飛ばされる。現地の英国人達とプレーする中でようやく面白くなり始めたラグビーの合間に仕事も少しだけ頑張る、という充実の日々を送り、バブルもはじけた平成2年の春に5年間の任期を終えて帰国。その後、いわゆる大企業の海外部門を転々とするが、会社と仕事が肌に合わず、日に日に心が萎んだ。ついに重度の抑うつ状態にまで陥ってしまったが、そこに至ってようやく「自分の強みは本当に『国際』『語学』なのか?」「本当に自分の良さを活かせる仕事は何なのか?」というテーマに、正面から向き合うことになる。「世間からの評価」への執着を断ち切り、自分の価値観に正直になって新たなフィールドを選んでからは、心の元気を取り戻し今に至る。37歳の時に入社した人事系のコンサルティング会社でアセスメントセンターに出会って惚れ込み、これを生涯の仕事とすることを決意。39歳の時に今の会社を設立した。歳をとっても痛くて苦しいことが大好きな「変なおじさんたち」が集う中年ラグビーチーム(不惑倶楽部)に所属していたが、50を前にして捻挫をこじらせ距骨壊死というややこしい状態に陥って離脱。10年間手術を公言し続けるも諸事情で実現せず「切る切る詐欺」と揶揄されてきたが、還暦を直前に控えた2019年の暮れに突如人口距骨への部品交換を決行した。「これでラグビーもゴルフもばっちりだぜ!」と、元々の技量と加齢という現実を忘れて妄想中。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*