合理的思考に基づくビジネスマナー

合理的思考に基づくビジネスマナー

若い頃には新入社員研修の意義を疑問視していた部分もあった私でしたが、コンサルティング会社の新人時代に自分が新入社員研修を担当することになって、考えが変わりました。ただ知識を教えて実践させるだけではなく「なぜそうしなければいけないか」を考えさせる独特なプログラムに触れ、その仕事をとても「意義あるもの」と感じたのを覚えています。

 

今の会社を長野県諏訪市で設立してしばらくは、地元の商工会議所から頼まれて、毎年、集合新人研修の講師をやっていました。新卒の採用人数が少ない中小企業の新入社員を集めて実施するのですが、当時は普段仕事で接する人が経営者や管理職ばかりだったので、いろんな会社からやって来たいろんなタイプの若者と接するのが新鮮でした。ビジネス上のマナーや常識などは、学ぶべき時に学ばないと、「大事なことを知らないままずっと仕事人生を送っていく」ということになりかねません。新卒を採用する企業には、「教えるべき時に、教えるべきことを教える場を作る」という最低限の責務があります。

 

会社を東京に移してからは新卒採用アセスメントの仕事が増え、4月はその繁忙期にあたるので、新入社員研修の機会は激減してしまいました。その仕事には思い入れがあるので少し寂しい思いをしていましたが、昨年初めて新卒採用に踏み切ったクライアントさんが多いため、今年は何件かの新入社員研修を4月のスケジュールに割り込ませることができました。張り切って久しぶりにレジュメの改訂を行い、その表紙には、「合理的思考に基づくビジネスマナー」と書きました。

 

情報が氾濫し、人の考え方や価値観が多様化している今、唯一の正解を携えて突き進むと痛い目に合います。ビジネスマナーにも、もはや絶対的正解はありません。接する人を不快にしないためにビジネスマナーが必要なのですから、「電話応対」でも「ビジネスメール」でも「敬語」を選択する際にも、「もしかしたらこの人が不快になるかも」という可能性はとことん排除すべきです。そのためには、どんな場合でも綻びを生まない高度な集約的正解が求められ、かつその正解を真っすぐ運用してよいものか毎回毎回「思考」を巡らせなくてはなりません。対人場面を作業化することは、どんな場合でも許されないのです。

 

考えて考え抜いた結果、その場における最高のビジネスマナーが生まれます。入社早々にそのことを学べるのは、その人にとってとても幸せなことだと信じています。

 

東京の世田谷に生まれ(昭和35年)鎌倉に育ちながら、高校卒業後に憧れの関西に移り住み、大学卒業時には立派な関西弁を話せるまでに成長する。大学で体育会ラグビー部に足を踏み入れるも、タックルが出来なくて干され、徹夜のバイトが監督にばれて干され、と、「なんちゃってラガー」への道をまっしぐら。4年生でやっと公式戦への出場がかない、初出場の日の前夜は、ジャージーを抱いて泣きながら寝た。卒業後に入った商社で、早速、語学難民となり、「このまま日本に置いておいてもこいつは英語を覚えない」と当時の事業部長に判断されて、入社後1年も経たないうちに香港の現地法人に飛ばされる。現地の英国人達とプレーする中でようやく面白くなり始めたラグビーの合間に仕事も少しだけ頑張る、という充実の日々を送り、バブルもはじけた平成2年の春に5年間の任期を終えて帰国。その後、いわゆる大企業の海外部門を転々とするが、会社と仕事が肌に合わず、日に日に心が萎んだ。ついに重度の抑うつ状態にまで陥ってしまったが、そこに至ってようやく「自分の強みは本当に『国際』『語学』なのか?」「本当に自分の良さを活かせる仕事は何なのか?」というテーマに、正面から向き合うことになる。「世間からの評価」への執着を断ち切り、自分の価値観に正直になって新たなフィールドを選んでからは、心の元気を取り戻し今に至る。37歳の時に入社した人事系のコンサルティング会社でアセスメントセンターに出会って惚れ込み、これを生涯の仕事とすることを決意。39歳の時に今の会社を設立した。歳をとっても痛くて苦しいことが大好きな「変なおじさんたち」が集う中年ラグビーチーム(不惑倶楽部)に所属していたが、50を前にして捻挫をこじらせ距骨壊死というややこしい状態に陥って離脱。10年間手術を公言し続けるも諸事情で実現せず「切る切る詐欺」と揶揄されてきたが、還暦を直前に控えた2019年の暮れに突如人口距骨への部品交換を決行した。「これでラグビーもゴルフもばっちりだぜ!」と、元々の技量と加齢という現実を忘れて妄想中。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*