ひとを観て、ひとを想う、ひとしごとな日々

  • 概念化能力へのアプローチ その1

    応募者を観察する採用担当者は、ほぼ例外なく、その応募者の「頭の良さ」を知りたいと考えています。「頭の良さ」は、大別すると「学力の高さ」と「概念化能力(思考力)の高さ」とに分かれますが、簡単に言えば、「前者は既知領域の作業

    Read more
    0
    概念化能力開発研究所株式会社
  • 「無理」や「無駄」に溢れる行動 その2 相槌

    前回の「うなずき」に付帯することが多い行動があります。「相槌」です。厳密に言えば「うなずき」も相槌に含まれますが、ここでの相槌は「言葉」を伴うものとします。   「相槌は、会話の潤滑油としてなくてはならないもの

    Read more
    0
    概念化能力開発研究所株式会社
  • 「無理」や「無駄」に溢れる行動 その1 うなずき

    「普段、アセスメントをしていない時でも、全部見えちゃうんですか?」「今も、私たちしっかり見られてるんですよね。。」   アセスメントが一段落ついて、場の緊張感が少し緩む時、かなりの確率でお客様からこのフレーズを

    Read more
    0
    概念化能力開発研究所株式会社
  • 時間泥棒

    新卒採用の「会社説明会」が終了し、参加した学生達が出口に向かい始めるタイミングで、「質問があるんですけど…」と開催企業の社員さんをつかまえる学生が、毎回必ず何人かは現れます。   「説明会の終わり際」は、運営す

    Read more
    0
    概念化能力開発研究所株式会社
  • 他人に興味を持たない人

    ドトールなどで移動の合間に書き物をすることが多い私ですが、基本的に集中力が無いので、大抵、「休憩の合間に仕事をする」といった具合になります。その「休憩中」に、ただただ何もせず、「目を開けたまま眠る」のが好きなのですが、た

    Read more
    0
    概念化能力開発研究所株式会社