概念化能力へのアプローチ その2

概念化能力へのアプローチ その2

ずい分と間が空いてしまいましたが、「概念化能力を見極める視点」の第2弾です。

 

④「言葉の取り繕い」の有無を観る

 

前回、問いかけに対して即答せずに時間をかけることを肯定的に述べましたが、もちろん、無駄で非生産的な時間のかけ方もあります。特に、「面接」や「インタビュー」など多少かしこまった場面で、発信の体裁を取り繕うおうとする意識が最優先される人をよく目にしますが、これなど「非生産的」の最たるものだと思います。

 

問いかけられたことに対し、真正面から向き合うと、きっと対応に時間がかかります。一方、問いかけられた事に向き合うことよりも、「格好いいことを言わなくては」「賢く見られなくては」などいう「見られ方を気にする気持ち」が優先されてしまう場合も、やはり起動までに時間がかかるし、その後の発信もスムースに進みません。

 

見られ方を気にする人は、必要以上に「型」を気にします。そして、その型に執着してあるべき姿を演じようとします。以前に述べた「型依存」と「自己不一致」という概念がここに絡みます。「目の前にある課題に向き合い、自力で考え、自分の言葉で話す」ということができない人や、その自信が無い人の多くは、「発信の雛型」にすがることになります。その雛型を探すことで発信までに時間がかかり、その雛型を使うことで「取ってつけたような」「心の伝わらない」発信となるのです。

 

テレビのインタビューを受けている人の受け答えを聞いていると、常に「~という風に思います」「~という形になります」などのお決まりのセンテンスで発言を締める人が多いことにお気づきでしょうか。これが「雛型への依存」です。コンビニやファミレスでの日常用語となった「おつりになります」「コーヒーになります」の「なります締め」もその類と言えるでしょう。「とにかくこの言い方で締めておけば安心」というような話し手の心持ちが想像できるのですが、話の内容と整合しなくなっていることが多く、納得性や信頼性を大幅に減じてしまいます。

 

今やるべきことに向き合い、自分の発信そのものにも向き合える人は、発信内容の本質を損ねてしまいかねないような「依存」には、まず傾くことがありません。アセスメントの中で、自由な心で対象に向き合い、概念化能力を有する人は、「時間配分をどうするか」「議論をどうすすめるか」などばかりに気を取られている多くのメンバーたちを尻目に、何の無駄も無理も力みもなく、外連味ない起動を見せます。私たちプロアセッサーは、「すーっとしゃべりだす」と表現しますが、この行動は、余計な「自己目的行動」に邪魔されることなく、向き合うべきものに向き合うことができる人特有のものです。グループ討議の開始早々その行動が見えると、私たちの中には、その人の概念化能力や成果管理能力への期待が広がるのです。

 

概念化能力を有する「仕事頭の良い人」は、何に執着することもなく自由な心で発信するので、「発信の雛型」などに目もくれません。私たちは顧客各社で計100名ほどの社内アセッサーと接していますが、選ばれた人たちだけあって、前述のような「取り繕った発信」をする人は、見事にひとりもいません。皆さん、話したいことだけを自分の言葉で話すので、表現の巧拙など関係なく、言いたいことがシンプルに伝わります。

 

アセスメント外で「概念化能力」を見極めようとする時、私が最も多用するのが、この「言葉の取り繕いの有無を観る」という視点です。

 

「頭のいい人は単純化を目指し、そうでない人は複雑化を目指す」

 

この概念がすっと胸に落ちるようになると、人を観る目が安定します。

 


東京で生まれ(1960年)、鎌倉で育ちながら、京都に憧れて高校卒業後に関西へ流れるが、何故か大阪の大学(関西大学法学部)へ入る。 念願の体育会ラグビー部に足を踏み入れるも、タックルができなくて干され、徹夜のバイトがばれて干され、と、「なんちゃってラガー」への道をまっしぐら。4年生でやっと公式戦への出場がかない、初出場の日の前夜は、ジャージを抱いて泣きながら寝た。 卒業後に入った商社で、早速、語学難民となり、「このまま日本に置いておいてもこいつは英語を覚えない」と当時の事業部長に判断されて、入社後1年も経たないうちに香港の現地法人に飛ばされる。現地の英国人たちとプレーする中でようやく面白くなり始めたラグビーの合間に仕事も少しだけ頑張る、という充実の日々を送り、バブルもはじけた平成2年の春に、5年間の任期を終えて帰国。 「国際人の俺様にはもっと大きい会社がふさわしいのさ」と、わけのわからないことをつぶやきながら、いわゆる大企業の海外部門を転々とするが、会社と仕事が肌に合わず、日に日に心が萎んだ。ついには重症の抑うつ状態にまで陥ってしまったが、そこに至ってようやく、「自分の強みは本当に『国際』『語学』なのか?」「本当に自分の良さを生かせる仕事は何なのか?」というテーマに、正面から向き合うことになる。 「世間からの見られ方」への執着を断ち切り、自分の価値観に正直になって新たなフィールドを選んでからは、心の元気を取り戻し、今に至る。37歳の時に入社した人事系コンサルティング会社で「アセスメントセンター」に出会って惚れ込み、これを生涯の生業とすることを決意。39歳の時に、今の会社を設立した。 50歳近くまで続けていたラグビーだったが、試合で足首をややこしく負傷してしまって以来、プレーをしていない。復帰するには手術が必要で、数年前から「今度手術するんですぅ」とあちこちで触れ回っているが、諸事情で延期が繰り返され、周囲からは「切る切る詐欺」の声が聞こえ始めている。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*