呪縛【復刻版】-2008年6月2日公開-

呪縛【復刻版】-2008年6月2日公開-

午前中訪問したクライアントとの会話の中で目標管理や年俸制がテーマになった。

 

僕は制度コンサルを生業とはしていないので、これらの件に関してはあまり突っ込んでコメントをしないようにしているのだが、その社長がとても信頼できる方だということもあって、今日は本音さらけだしの私見を述べさせてもらった。そして、多分それが原理原則であり、わが国の多くの経営者にとっての正解だと信じている。

 

 

 

その根底に流れる概念は、

 

「五名、十名、五十名、と会社が大きくなって実務が社長の手からどんどん離れていく中でも、『従業員を採用すること』と『従業員の給料を決めること』は、できる限り最後の最後まで社長の手許に置いておくべき仕事である」

 

「『経営は人である。』を本当に信じる経営者であれば、その二つだけは、『権限委譲』や『効率化』の波に巻かれないところに置こうとするはずだ」

 

という、僕の信念とも言える見識である。「社長は『人の問題』に関してだけは楽をしようとしてはいけない」という軸だけは決して僕の中でブレることがない。 そして、これをできる限り多くの社長さんたちに伝えていこうと思っている。

 

 

 

 

社長さんたちが、「込み入った人事制度を作ると、魔法のように全てがうまく回るようになり、自分が楽になる」というとんでもない誤解を伴う呪縛から解き放たれた時、シンプルで皆が幸せになるようなしくみが作られる土壌が生まれる。

 

 

東京で生まれ(1960年)、鎌倉で育ちながら、京都に憧れて高校卒業後に関西へ流れるが、何故か大阪の大学(関西大学法学部)へ入る。 念願の体育会ラグビー部に足を踏み入れるも、タックルができなくて干され、徹夜のバイトがばれて干され、と、「なんちゃってラガー」への道をまっしぐら。4年生でやっと公式戦への出場がかない、初出場の日の前夜は、ジャージを抱いて泣きながら寝た。 卒業後に入った商社で、早速、語学難民となり、「このまま日本に置いておいてもこいつは英語を覚えない」と当時の事業部長に判断されて、入社後1年も経たないうちに香港の現地法人に飛ばされる。現地の英国人たちとプレーする中でようやく面白くなり始めたラグビーの合間に仕事も少しだけ頑張る、という充実の日々を送り、バブルもはじけた平成2年の春に、5年間の任期を終えて帰国。 「国際人の俺様にはもっと大きい会社がふさわしいのさ」と、わけのわからないことをつぶやきながら、いわゆる大企業の海外部門を転々とするが、会社と仕事が肌に合わず、日に日に心が萎んだ。ついには重症の抑うつ状態にまで陥ってしまったが、そこに至ってようやく、「自分の強みは本当に『国際』『語学』なのか?」「本当に自分の良さを生かせる仕事は何なのか?」というテーマに、正面から向き合うことになる。 「世間からの見られ方」への執着を断ち切り、自分の価値観に正直になって新たなフィールドを選んでからは、心の元気を取り戻し、今に至る。37歳の時に入社した人事系コンサルティング会社で「アセスメントセンター」に出会って惚れ込み、これを生涯の生業とすることを決意。39歳の時に、今の会社を設立した。 50歳近くまで続けていたラグビーだったが、試合で足首をややこしく負傷してしまって以来、プレーをしていない。復帰するには手術が必要で、数年前から「今度手術するんですぅ」とあちこちで触れ回っているが、諸事情で延期が繰り返され、周囲からは「切る切る詐欺」の声が聞こえ始めている。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*